2013/04/08

Xposedを使ってアンテナピクト問題を解決する

1年ほど前からMVNO(IIJmio高速モバイル/Dサービス)のSIMでGalaxyNexus(SC-04D)を使用していますがこれまでアンテナピクト対策をしていませんでした。特に不便を感じたことはなかったのですが最近かなり簡単に解決する方法が考案されたらしく、それを試して見ることにしました。


というわけで上記画像のようにアンテナピクトが表示されるようになりました。手順は以下のとおりです。

準備するもの
・XposedInstaller_2.1.3.apk (xda developersより)
・DocomoSimPatcher.apk (ブローヴちゃん さんより)
・rooted環境の端末

手順0
・XposedInstaller_2.1.3.apkとDocomoSimPatcher.apkをダウンロード、端末にコピーする。

手順1
・XposedInstaller_2.1.3.apkをインストール。


・Xposed Installerを実行すると上記画像が出てくるので"Install/Update"をタップし再起動する。
・再起動後DocomoSimPatcher.apkをインストール。


・再びXposed Installerを起動。"MODULES"から先ほどインストールしたDocomoSimPatcherにチェックを入れて再起動し完了。

上記の手順でアンテナピクトが表示されました。
Xposedとは端末内のアプリ、システムファイルのメソッドの書き換えやリソースの置き換えを簡単に行う事のできるアプリのようです。このメソッドの書き換えやリソース置換を行うapkはモジュールと呼ばれ様々なものが公開されているようで好きなものをダウンロードし、適用することができます。

Xposedと言えばGalaxySの海外ROMを焼いた際に組み込まれていたものを見たことはありましたがいまいち使い方はよくわかりませんでした。しかしかなり便利なもののようなのでこれを機に今後も利用してみたいと思います。

以下のブログを参考にさせて頂きました。
Xposedの日本語解説サイトが見当たらなかったので書いてみた (ひまづぶし さん)
Android + docomo MVNO データ通信専用 SIM の話の続き (ブローヴちゃん さん)

関連記事
Galaxy Nexus(SC-04D)の記事まとめ

2014 1/4追記
KitKat対応確認(要最新Xposed)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スパム対策のためコメントは承認制になっています。